05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
オリジナルのごまおろしソース

 アジフライにかけたら相性が抜群のオリジナルのゴマソース。
大根おろしに、おろし生姜とゴマを入れたもので
太一君も、興味津々の様子だったが、実際にアジフライに
かけて食べたところ。「ホントにサッパリしてる〜!あっさり
していていくらでもいけそう!」
と大絶賛していた。

【用意するもの】
 大根おろし---5〜6cm分
 おろしショウガ(皮ごと)---1片分
 オイスターソース 白イリゴマ 黒イリゴマ---各大さじ1
 醤油---大さじ1/2
【調理方法】
1.水気を切った大根おろし おろしショウガ オイスターソースをボウルに入れ混ぜ合わせる。
2.白イリゴマ 黒イリゴマ 醤油を混ぜ入れたらできあがり

売れ行き好調で増刷されたそうです。 アジフライ関連情報 ゴマソース関連情報
3vw | 料理レシピ | 16:26 | - | - | pookmark |
イカめし
家庭で作った時に「中のお米がうまく炊けない」ことがあるイカめしを、上手に仕上げるポイントを紹介しながら作っていた
本来は生の米をイカに入れて煮るのだが、あらかじめ炊いたもち米をイカに詰めて煮るのが今回の最大のポイント。
ケンタロウは「最初生米を入れるっていうのを知らなくて、炊いたのを入れていた」
と、この上手に仕上げるポイントを発見した時のことを恥ずかしそうにカミン
グアウトしていたw

【用意するもの】
 スルメイカ---2杯
 もち米---1合
 サラダ油、白いりごま、黒いりごま---各大さじ1
 醤油---大さじ1弱
 おろしショウガ---1/2片分
 オイスターソース---大さじ1強
 みりん---大さじ1/2
 醤油---大さじ1
 酒、ごま油---各大さじ1
 七味唐辛子、マヨネーズ、醤油---各適当

【調理方法】
1.もち米を洗い、洗い終わったらもち米の水をよく切ったら炊く準備に。(炊いた米をイカに詰めると仕上がりで絶対に失敗しない)
2.米をちょっと固めに炊く。(美味しく仕上がる)
3. イカの胴に指を入れて内臓を外し、内蔵ごと足を引き抜いて胴と足に分ける。
4.胴に残った内臓と軟骨をキチンと取り除き、さばいたイカを洗う。
5.残った足の方に移り、ワタを切り離して墨袋を取り除く。
6.ゲソは1cm幅に切り分け、熱したフライパンにごま油をひく。
7.ゲソの水気を拭いたらフライパンに入れ強火で炒める。(ゲソは跳ねやすいので気をつける。それか蓋をした方が良い)
8.色が変わったら酒を加えざっと炒め、オイスターソース 醤油(小さじ1) みりん おろしショウガを加え更に炒め合わせていく。
9.炊き上がったもち米に炒めたゲソを加えて、しゃもじでさっくり混ぜる。
10.白 黒いりごまを加え混ぜ合わせ、均等に混ざったら味を馴染ませるため少し置いておく。
11.もち米を半分(2つ分)に分け、イカの胴にしっかり詰める。(結構入るのできっちりと詰める)
12.爪楊枝で口をピッチリ閉じる。
13.熱したフライパンにサラダ油をひき、イカを並べる。(仕上げにイカを焼く事で、焼きイカの香ばしさが楽しめるので、イカを焼く)
14.蓋をして強火で焼く。
15.焼き色が付いたらひっくり返して両面に焼き色を付ける。
16.両面に焼き色がついたら醤油を加えて絡める。
17.イカを1cm幅の輪切りにしてできあがり。

イカメシ情報


JUGEMテーマ:テレビでみたレシピ
 
3vw | - | 22:29 | - | - | pookmark |
イカのワタ炒め
 イカめしの付け合せとして作られていた一品。
イカのワタを入れることにより味にコクが出て断然美味しくなるのだそうだ。

【用意するもの】
 イカ---1杯
 イカワタ---適当
 いんげん---1/2袋
 じゃがいも---2個
 サラダ油、酒、醤油---各大さじ1
 みりん---大さじ1/2
 塩---少々

【調理方法】
1.じゃがいもはの芽を取り除き、じゃがいもをよく洗う。
2.いんげんのヘタを取り除き、長さを半分に切る。
3. じゃがいもを短冊切りにして水にさらしておく。(アク抜きのため)
4.イカの胴を1cm弱幅に切り分け、ゲソは根本を切ってから食べやすい大きさに切り分ける。
5.熱したフライパンにサラダ油をひき、水気を切ったじゃがいもを入れる。
6.蓋をして強めの中火で炒める。(焼き色が付くくらいまで)
7.少し焼き色が付いたらいんげん イカを加えて塩を振って炒める。
8.イカの色が変わったらワタを加えて炒め合わせる。(熱でワタから中身が勝手に出てくるが、先に潰しても良い)
9.酒を加え、さらに醤油 みりんを加えて炒め合わせる。
10.皿に移してできあがり。
3vw | 料理レシピ | 22:25 | - | - | pookmark |
小林家の絶品ナポリタン

ケンタロウが「どうしても作りたい!」といって実現した、
懐かしい味の小林家に伝わるレシピ。
ちなみにナポリタンというのは横浜にあるホテル、
ニューグランドの2代目の料理長が、進駐軍が食べていた
パスタを日本人好みに改良したもので日本生まれの洋食なの
だそうです。

【用意するもの】
 スパゲッティー---150g
 ハム---3枚
 ピーマン1個---1個
 玉ネギ---小1/2個
 スライスマッシュルーム---小1缶(45g)
 卵---2個
 ケチャップ---大さじ4
 バター---大さじ1/2
 粉チーズ、塩、コショウ、サラダ油---各適当

【調理方法】
1.ピーマンの種と取って、縦に細切りにする。
2.玉ネギを縦薄切り、ハムを1cm幅に切る。
3. パスタを表示時間よりも1〜2分程長く茹でる。(ナポリタンにアルデンテは合わないという)
4.水気を切ったパスタをボウルに移し、サラダ油をまぶす。(この後時間を置くと余熱でパスタが蒸され、モチモチとした食感が生まれる)
5.熱したフライパンにサラダ油を少し引き、その上にバターを乗せる。(バターがいきなり焦げる事もなく、風味が出せる)
6.玉ネギを中火で炒めて、しんなりとしてきたらハムを加えて強火で炒める。
7.ピーマンとスライスマッシュルームを入れ、強火で炒める。(特に炒める順番は関係ないという)
8.全体がしんなりしてきたら、ケチャップを入れ炒め合わせる。
9.ケチャップが全体に馴染んだら一旦火を止め、パスタを加えて具財と混ぜ合わせる。(炒め合わせる前に粉チーズを混ぜるとパスタ全体に絡み、風味とコクが増す)
10.塩を加えて味をととのえる。
11.卵をボウルに入れ、塩 砂糖を加えたらしっかりと混ぜ合わせる。
12.溶いた卵をフライパンの端から中心に向かって回すように入れる。
13.フライパンに流し入れた卵が固まってきたら、お皿をフライパンに当て、引っくり返して盛り付ける。(卵のせいで裏面がピザのようになっている)
14.好みで粉チーズを振りかけてできあがり。

国分太一関連情報1 国分太一関連情報2
ケンタロウ 関連情報1 ケンタロウ 関連情報2
男子ごはん関連情報1 男子ごはん関連情報2

3vw | 料理レシピ | 02:43 | - | - | pookmark |
エビとアスパラのサラダ

ナポリタンの付け合せとして作っていた、シンプルサラダ。
ケンタロウがいうには「アスパラは今が旬なので太くて安くて、
しかもエビとの相性も抜群」とのこと。

【用意するもの】
 むきえび---6〜8尾
 アスパラ---1束
 マヨネーズ---大さじ1.5
 レモン汁---大さじ1
 からし---適当
 砂糖---1つまみ
 塩、こしょう、酒---各少々

【調理方法】
1.アスパラの根元を1cmほど切り落とし、下1/3の皮をむいて、長さ4等分にしてからさらに縦半分に切る。
2.沸騰したお湯に塩少々(分量外)を加え、アスパラを10秒ほどゆでて引き上げる。
3. お湯に酒少々を加え、えびを茹でる。
色が変わったら取り出し、水気を切ったら3等分に切りそろえる。
4.マヨネーズ、レモン汁、からしをボウルに入れ、混ぜる。
5.4.に塩、砂糖を入れて味を調え、こしょうを加える。
6.ゆでたえびとアスパラを、ボウルのドレッシングと和えてできあがり。


国分太一関連情報1 国分太一関連情報2
ケンタロウ 関連情報1 ケンタロウ 関連情報2
男子ごはん関連情報1 男子ごはん関連情報2
3vw | - | 02:33 | - | - | pookmark |
春巻き
ケンタロウが家庭でもパリパリに作れる春巻きのポイントを
解説しながら作っていた。

【用意するもの】
 豚モモ薄切り肉---100g
 春雨---10g
 干しシイタケ---3個
 ニンジン---3cm
 ピーマン---1個
 タケノコ水煮---70g
 ニラ---1/2束
 もやし---1/2袋
 ショウガ(千切り)---1片分
 サラダ油---大さじ1
 揚げ油---適当
 片栗粉 醤油---大さじ1+小さじ1
 水---1/4カップ+大さじ1
 酒---大さじ1
 薄力粉---大さじ1
 からし 酢---適当

【調理方法】
1.干しシイタケを水かぬるま湯で戻す。
2.タケノコを細切りにし、ニンジンとピーマンは縦細切りにする。
3. 戻した干しシイタケを千切りにし、ニラは5cmの長さに切る。(干しシイタケの戻し汁は捨てないこと)
4.豚肉は長さを3等分に切ってから、繊維に沿って細切りにする。
5.春雨をお湯で戻す。
6.豚肉に片栗粉 醤油(各小さじ1)を絡める。
7.フライパンを熱してサラダ油をひき、豚肉を強めの中火で炒める。少ししたらショウガを加え、続けて炒める。
8.肉の色が変わったら、ニンジン 干しシイタケ タケノコを順に加えて炒める。
9.ピーマンともやしを加え炒め合わせる。
10.水と片栗粉 醤油 酒(各大さじ1)を加え、合わせ調味料を作る。作ったら野菜を炒めてるフライパンに加える。(片栗粉が沈殿するので、フライパンに加える前によく混ぜる)
11.戻した春雨をキッチンバサミでザクザク切ってから加える。
12.皿に移して、出来上がった春巻きのあんをしっかりと冷ます。(味も馴染むし、冷めたらラップして冷蔵庫に入れて保存してもいい)
13.あんを10等分に分ける。
14.春巻きの皮の角を下にして広げ、手前にあんを細長く乗せたら、手前の皮を被せて2回ほど巻いていく。(少しきつめの巻く)
15.左右の皮をピッタリと被せ、また巻いていく。
16.皮の縁に薄力粉 水で作ったのりをつけて、2回ほど巻きしっかりと閉じる。
17.
18.春巻きの巻き終わりを下にして弱めの中火で揚げる。(パリパリに仕上げるために、春巻きは低温から揚げ始める。低温の油は箸を入れて、大分経ってからやっと泡が出るくらい)
19.全体がきつね色になってきたら火を強めてカラッと仕上げてできあがり。



JUGEMテーマ:テレビでみたレシピ
 
3vw | 料理レシピ | 20:41 | - | - | pookmark |
鶏煮丼

春巻きを作る際にあまったシイタケの戻し汁を使って作っていたもの。
美味しそうに煮上がった鶏肉をみた太一君は
「これはご飯に絶対合う!絶対合う!」
と代絶賛していた。
そして「うぉぉぉぉぉぉぉ!」と大声で叫んでいたw


【用意するもの】
 鶏もも肉---1枚
 干しシイタケの戻し汁---3/4カップ
 オイスターソース---大さじ1弱
 みりん---大さじ1
 醤油---大さじ1/2
 酢---小さじ1
 ショウガ(千切り)---1片分
 ごま油---少々
 青ネギ(ごく薄い小口切り)---1/4束
 白、黒いりごま 一味唐辛子---各適当
 コショウ---適当
 温かいご飯---2人分
 好みで卵黄、醤油

【調理方法】
1.鶏肉の余分な脂身を取り除き、1cm幅に切る。
2.鍋に干しシイタケの戻し汁を入れ、オイスターソース 醤油 みりんを加える。
3. さらに酢 千切りにしたショウガを加え煮立てる。
4.鶏肉を入れて強火で7分ほど煮絡める。
5.火を止めて冷ます。(冷ます事により味が浸透して旨味が出る)
6.器にご飯を盛って鶏肉を乗せる。
7.ごま油をを回しかけ、青ネギと一味唐辛子 こしょうをかける。
8.白 黒いりごまをかけ、最後に卵黄を乗せたらできあがり。

3vw | 料理レシピ | 00:27 | - | - | pookmark |
カブの漬物&カブの葉のナムル

 ケンタロウがカブを丸ごと1個使い切って作った料理。
カブは事前に塩をふって、しっかり水気を切っておく事が
ポイントだそうです。

【用意するもの】
 カブ---小4個
 ショウガ---1片
 赤唐辛子---1本
 ごま油(漬物用)---小さじ1
 酢---少々
 塩---少々
 カブの茎---4個分
 白すりゴマ---小さじ1.5
 ごま油(ナムル用)---大さじ1/2
 砂糖---2〜3つまみ

【調理方法】
1.茎を切り落としたカブを縦半分に切り、更に縦3mmの厚さに切る。
2.塩(小さじ1/2)を加えて揉み、15分くらい置いておく。
3. 沸騰したお湯に塩(少々)を入れ、カブの茎をさっと茹でる。
4.カブの茎を水などで良く冷ましたら水気を絞り、食べやすい大きさに切り分ける。
5.切ったカブの茎に白すりゴマ ごま油(大さじ1/2) 塩と砂糖(2〜3つまみ)を加え混ぜたらナムルのできあがり。(砂糖を入れる事で甘みと良いコクが出る)
6.置いておいたカブから出た水分を捨てて更に手で強く絞る。
7.千切りにしたショウガと小口切りにした赤唐辛子を加える。
8.ごま油(小さじ1) 酢を加えて和えたら漬物のできあがり。

3vw | 料理レシピ | 21:52 | - | - | pookmark |
鮭の土佐酢漬け

栗原はるみが調理していた鮭の土佐酢漬け。
土佐酢とはだし汁に砂糖、しょうゆ、酢を混ぜたもの。

【用意するもの】
 鮭---4切れ(600g)
 ニンジン---1/2本
 玉ネギ---1/2個
 セロリ---1本(正味100g)
 新ショウガ---1片
 すだち---2個
 赤唐辛子の小口切り---2本分
 薄力粉、塩、コショウ、油---各適当
 醤油、砂糖---各大さじ3
 すだち汁---大さじ2
 酢---1/2カップ
 ダシ汁---1カップ

【調理方法】
1.鮭を1切れ5等分に切り、塩(適当)をまぶして混ぜる。
2.鮭に薄力粉をまぶし、中温(170℃)の油で揚げる。
3. ダシ汁に酢 すだち汁 醤油 砂糖を入れて土佐酢を作る。
4.揚げた鮭を土佐酢に漬ける。(揚げたてに漬けると味がよく染みて美味しくなる)
5.セロリ ニンジン 玉ネギ 新ショウガ全てを5cmの長さの細い千切りにする。
6.千切りにした野菜と小口切りにした赤唐辛子を漬けてある揚げ鮭の上にまぶす。
7.土佐酢を全体に回しかけて馴染ませる。
8.ラップをして冷蔵庫で冷やす。
9.程よく冷めたら取り出してできあがり。
 

3vw | 料理レシピ | 05:50 | - | - | pookmark |
カレー鶏

ケンタロウお得意のカレー風味の料理レシピ。
鶏肉は大きいまま焼いたほうがやわらかく仕上がるが、
急いでいるときは小さくすれば早く仕上がるそうです。

【用意するもの】
 鶏もも肉---2枚
 ゴマ油---適当
 サラダ油---大さじ1
 水---大さじ3
 オイスターソース---大さじ1
 みりん---大さじ1/2
 カレー粉---小さじ1
 醤油---少々

【調理方法】
1.鶏もも肉の余分な脂身を取り除き、火の通りを良くするために身は包丁で数本切り込みを入れ、皮の方は数ヶ所穴を開ける。
2.熱したフライパンにゴマ油をひき、鶏もも肉を入れてフタをして、焼き色が付くまで焼く。(皮の面を下に焼く)
3. 水にオイスターソース みりん カレー粉 醤油を入れて合わせ調味料を作る。
4.もも肉に焼き色が付いたら返し、フタを取ってじっくり焼く。
5.もも肉やフライパンについた余分な水分や脂を焼きながらキッチンペーパーで拭き取る。(脂を取る理由は仕上がりが少し黒くなってしまうのと、脂がハネると周りが汚れてしまうため)
6.中まで火が通ってるか確認をしたら、合わせ調味料を加えて水気が無くなるくらいまで煮絡める。
7.火を止めて食べやすい大きさに切り分けたらできあがり。

3vw | 料理レシピ | 05:44 | - | - | pookmark |
2/3PAGES | << >> |